プラセンタの種類は馬・豚・ヒツジ

MENU

種類

プラセンタにはさまざまな種類があります。
その種類は何の、誰の胎盤から抽出したかによって分かれてきます。
その種類には

  • 人間

とこの4種類があります、

 

この4種類は安全性や食習慣、文化や宗教的なさまざまな理由から各国でのプラセンタ事情は異なってきます。

 

日本においては人間由来のプラセンタ、ヒトプラセンタは医薬品としてプラセンタ注射が有名です。
またヒトプラセンタは医薬品扱いなので、病院やクリニックなどの医療機関での取り扱いになります。

 

プラセンタは開発当初は更年期障害や乳汁分泌不全、肝機能障害の改善など治療目的のための薬として用いられてきました。
現在も基本は治療薬としてプラセンタ注射は扱われています。
しかし近年ではその効果や効能の素晴らしさから美容目的に開発がすすめられてきたのです。

 

そしてヒトプラセンタではなく美容目的に使われるためのプラセンタとして牛の胎盤が注目されたのです。
しかしながら狂牛病などの安全性の点から牛由来のプラセンタの使用が禁止になったのです。
そしてそれに代わって登場したのが由来のプラセンタなのです。

 

今まで牛由来のプラセンタを使っていた健康食品や化粧品もみんな豚プラセンタになったのです。
その流れもあり、今でも豚プラセンタは市場を占めているといえるでしょう。
しかしながら豚プラセンタも牛と同様に感染病などの病気に弱いため使用の安全性に懸念があるようです。

 

海外ではプラセンタがよく使われています。
羊も効果や効能が高いと評判です。
しかしながら羊もスクレイピーという牛にとっての狂牛病のような病気にかかってしまう恐れがあるため安全性が心配となっています。

 

何かと安全性や衛生面がいろいろな問題となり障害となっています。
でもプラセンタの秘めたるパワーは人間にとって魅力的な物であります。
でも安全性や衛生面などの問題が安定的に供給するのが難しいのが現実でした。

 

そんな中今注目の新素材として由来のプラセンタが登場して注目を集めています。
その馬プラセンタはこれまでの安全性を不安視する声に反論することができるのでしょうか?
そしてこれからのプラセンタ市場はどうなっていくのでしょうか?